リスタ・カウンセリング・ルーム/ご案内
Q.1 心理の先生(カウンセラー)と医師は違うのですか。

A.1
 医師とは違います。まず、資格についてですが、医師は国家資格となっておりますが、カウンセラーには
    国家資格はありません。しかし、代表的な団体としては、(社)日本産業カウンセラー協会の産業カウンセ
    ラー資格と(財)日本臨床心理士資格協会の臨床心理士資格があります。
    これ以外の資格としては、心理系の学術団体の認定資格やNPO法人や民間が発行している資格があり
    ます。
    あなたの心の問題に対しての相談や治療は、医師と心理士(カウンセラー)では、違ってきます。
    医師は、薬を使って身体から治すのに対して、カウンセラーは、心理学的手法を使って心の働きを変え
    ると言ってもいいのかもしれません。



Q.2
 カウンセラーが国家資格でないのなら、誰でも、心理士やカウンセラーと
    名乗ってもいいのですか


Q.2 法的には何ら現状では問題ありません。


Q.3 では、心理療法やカウンセリングを受けたいと思ったら、どのような方に
    相談すればいいのでしょうか


A.3 まず、精神病や鬱病、脳の器質的疾患の存在が疑われるときには、精神科関連の医療機関に受診す
    ることを勧めます。それ以外の心の問題では、心理相談機関や精神科、心療内科などの医療機関に相
    談をしても問題ありません。心理相談機関に申し込む場合、まず、A.1でもお答えしたように、産業カウ
    ンセラー又は、臨床心理士資格をもっていることが一つの条件になります。そして、ホームページやパン
    フレットを入手して、精神科医や心療内科との緊密な連係をうたっているところに相談に行かれることを
    勧めます。
    もう一つには、一般の方はなかなか知ることができないのですが、専門学会での発表や専門誌への投
    稿などを積極的に行っている心理士やカウンセラーのところに行かれるのがいいのではないかと考えて
    おります。
    「でも、私の心の問題は、薬物療法が必要ないと思っていますが、それでも、精神科や心療内科と連係
     をうたっているところに行く方がいいのでしょうか。」
    「心の問題を持っている方がすべて、薬物療法が必要です。と言っているのではなくて、医療機関からも
    心理臨床の専門家として、認められている方に相談してくださいと言う意味です。」



Q.4 心理療法やカウンセリングはどのようなことをするのですか。

A.4 心理療法やカウンセリングは、カウンセラーとあなたとの人間関係の中で、治療目的を持った会話を基
    本に、あなたの心の悩みやいろいろ辛い問題を一緒になって考え、あなたの考え方や行動に変化をも
    たらすことで、少しでも悩みや辛いことが軽く、楽になるようにするような方法を言います。



Q.5 心理療法にはどんな方法があるのですか。

A.5 
心理療法は、様々な理論や技法に基づいて相談が行われます。その数は200を超えるともいわれ、も
    はや数え切れないほどあります。例えば、認知行動療法(認知療法)、精神分析療法、クライエント中心
    療法、行動療法、交流分析療法、家族療法、ゲシュタルト療法、内観療法、森田療法、催眠療法など、
    あなたも名前だけは聞いたことのある心理療法もあると思います。あなたが心理療法やカウンセリング
    を受けようとしたとき、心理士やカウンセラー、治療者がどの心理療法を専門にしているかによって理論
    も技法も違ってきます。まず、ホームページで確認したり、パンフレットを取り寄せることで専門としてい
    る心理療法がわかると思います。



Q.6 心理療法やカウンセリングは、どこに行けば受けられるのですか。

A.6 公立機関では、都道府県の精神保健福祉センターや県立・市立の女性相談センター、教育センター、
    教育相談所、児童相談所などがあります。電話帳の公立機関の載っているところを参考にしてください。
    私立の機関では、大学・学校・企業などの保健センターや相談所、大学付属の相談室や病院、そして、
    個人開業のクリニックや当センターのような心理相談室などがあります。
    ホームページやパンフレットを取り寄せると、心理療法を受けられる対象やカウンセラーの専門領域、
    資格、相談料、相談場所、申込み方法などが書いています。



Q.7 心理療法やカウンセリングの相談時間はどのぐらいで、相談回数や相談
    費用はどのようになっているのか。
 

A.7 相談時間は、一般的に、個人心理療法では、40分〜50分ぐらいです。家族療法や集団療法では、
    60分〜90分ぐらいです。相談回数は、短期療法といわれる方法で、10回〜20回ぐらいです。一般的に
    は、週に1回〜2週に1回の相談で、6ヶ月〜1年ぐらいの相談回数です。相談費用は、公立の機関
    では、無料です。私立のクリニックや相談所、大学の付属の病院や当センターのような心理相談室で
    は、個人心理療法は、40分〜50分で、6,000円〜15000円(首都圏で)ぐらいです。また、家族療法
    では、60分〜90分で12000円〜25000円ぐらいが一般的です。ただし、医療機関では、少ないの
    ですが、心理療法に健康保険が利用できるところもあります。また、大学付属の相談室では、大学院
    生が監督指導を受けながらカウンセリングを行っております。
    この場合、相談費用は、1500円〜3000円ぐらいで行っております。



Q.8 精神科や心療内科での薬物療法と心理療法やカウンセリングとはどちら
    が重要なのですか。


A.8
 あなたの心の問題を治療するのに、薬物療法だけで充分な場合があるように、心理療法やカウンセリ
    ングだけで充分な場合もあります。もちろん薬物療法と心理療法を一緒に用いることも可能です。A.1
    でも少し述べましたが、薬物療法と心理療法の効果はそれぞれ別々の現れ方をします。薬物療法は、
    身体から治すのに対して、心理療法は心の働きから変えていこうとします。いずれにしても、あなたが
    精神科や心療内科にかかっているのであれば担当医師に、心理療法を受けているのであれば担当カ
    ウンセラーと相談しながらあなたが選択してください。ここで重要な事は、あなたが必要だと考えたこと
    が優先されます。

カウンセリングルーム                        
ルーム案内   心理相談質問コーナー  本のご紹介
カウンセラー紹介   認知療法  メール認知療法
E-心理相談   夫婦・家族療法  家族心理/家庭学習研究会
E-メール心理相談   抑うつ状態を調べてみませんか  メンタルヘルスプラン
お問い合わせ     トップページへ