性機能障害の背景は、



男性
心因性の勃起障害(心の問題や考え方の問題)
性生活に対する不安・緊張/マザーコンプレックスから来るパートナーとの距離感/過度のスト
レスや疲労、緊張/性器に対するコンプレックス/性病に対する不安・恐怖/心臓病・高血圧・
糖尿病などに対する不安/十分な勃起が得られない/マスターベーションでは勃起するが女性相
手だと勃起しない/前戯では勃起するが、性交直前では萎縮する/挿入できても一定の硬さが維
持できないなど。  

なお、勃起障害の60%以上は、器質的な疾患(身体の病気)です。当ルームに相談をされる前に、
泌尿器科に行くようにしてください。
身体の病気ではなく、心の問題です。といわれた方は、カウンセリング、心理療法の対象となり
ます。


女性
性障害を訴える女性の90%は20歳から50歳で、更年期以降は10%です。
育児・住宅環境などからくる自己抑制/日常生活上の感情的要因/間違った性の知識や思い込み
/パートに対する愛情や信頼感の喪失/男性や性行為に対する嫌悪感・不安感/妊娠に対しての
不安・恐怖/婚前における性行為の優位/パートナーの粗雑な性行為/性的凌辱体験/子宮摘除
による女性喪失感/膣分泌物の減少による性交痛など。

なお、性交疼痛などの身体的な問題が疑われるときには、まずは、婦人科を受診するようにして
ください。


セックスセラピー/セックスカウンセリング
リスタ・カウンセリング・ルーム