ご案内と報告

2021年度の新規相談の問題別の割合をお示しいたしました。

気分障害は、抑うつ状態を含むうつ病の方と産後うつ病の方
(うつ病や産後うつ病と医師から診断を受けた方と抑うつ状態の方)
双極性障害(躁うつ病)の方は今回は来られませんでした。

発達障害は、中学生以上から成人のASDとADHD  

個人・親子・夫婦の相談を含む二次障害のうつ病、パニック障害、強迫性障害、不登校などはこちらの中に含めています。

性の問題は、主にセックスレス問題で、それ以外の性の問題(性依存等)も含む

不安障害は、パニック障害、社交不安障害、全般性不安障害

対人関係問題は、うつ病や不安障害などの精神疾患を除いた人間関係の問題
人間関係からうつ病や不安障害など精神疾患になられた方はそちらにカウントした。

夫婦・家族関係は、性の問題やうつ病、不安障害などの精神疾患を除いた夫婦・家族の関係性の問題
子供の問題の相談はこちらに含めています。

適応障害

その他は、強迫性障害、統合失調症、心身症(過敏性腸症候群、慢性痛、その他)、パーソナリティー障害

専門療法が認知行動療法/夫婦・家族療法/セックスセラピーなので、毎年同じような割合になっております。
2021年度は「産後うつ病」の方を対象に、訪問治療(認知行動療法とはり治療の併用プログラム)を行っているために患者さんが増加しました。

お仕事をされている方へ

自分の疲労度やご家族(夫・妻)から見た妻・夫の疲労度・ストレスの状態を確認して、軽度の疲労度やストレス状態以上の結果が出た方は何らかの積極的な解消方法を行う必要がございます。
この段階で手を打つことで問題が重症化(うつ病当)しないで済みます。

軽度の疲労度やストレス状態では、自律神経がバランスを取れないで交感神経(緊張や興奮しているときに働く神経)に偏ってしまったりする場合もあります。
自律神経の状態を診る機器などもあります。
ネガティブな認知(物事のとらえ方)がまたそれほど固定していない状態。
下記の図の「認知」と「スキーマ(思い込み等)」が固定化していないということです。
ストレスを受けていて軽度の症状が持続しているままにしておくと「認知」と「スキーマ」が固定化してしまいます。

また、睡眠の問題が出始めると要注意となります。

例えば、眠りが浅かったり、眠るのに時間がかかったり、朝早く起きてしまったりする方や寝ても疲れが取れない方などは、早々に対策をとらないとうつ病や心身症などのストレス疾患になっている可能性があります。

なぜなら、よい睡眠がとれていれば睡眠中に副交感神経(リラックス時に働く自律神経)が十分に働いて、疲労やストレス等を睡眠中に解消してくれるからです。脳内で毎日この作業が自動的に行われているからストレスや疲労がたまらないで済んでいます。

さて、このページの最後に載せておりますテストで自分の状態を知り、軽度の疲労度やストレス状態では早めに鍼灸治療や医療マッサージなどを受けることで問題解決につながります。
また、日常にヨガやピラティスなどの運動やスポーツを取り入れることで、軽度の疲労度やストレスは解消されます。
これがコンディショニングということになります。

しかし、ネガティブな認知やスキーマが固定化が始まるとうつ病などのストレス疾患となり、鍼灸や医療マッサージでは解決しなくなってしまい認知行動療法など心理療法やもう少し深刻な状態になると医師による薬物療法でないと解決しなくなってしまいます。

では、自分の状態を知るためにテストを受けて見てください。
それほど時間はかかりません。
厚生労働省が公開している、労働者の「疲労蓄積度」と「ストレスチェック」です。
「こころの耳」働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトで公開しております。


テストのサイトはこちら ⇒ 「こころの耳」