一日中落ち込んだ気分で、何をするのにも億劫で何も楽しめない状態。また、眠れないし、食欲もなく、何となく疲れやすいなどの状態で日常生活がうまく回らなくなっていれば、うつ病かもしれません。
日本人の100人に約6人が生涯のうちにうつ病を経験しているという調査があります。調査によっては、現在うつ病になっている方が4%~5%、生涯有病率は16%という結果などもあります。
また、うつ病の男女比は女性の方が男性よりも約1.6倍多いことが知られています。

うつ病

A.以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている;これらの症状のうち1つは、抑うつ気分、興味または喜びの喪失である。

1、抑うつ気分
2、興味・喜びの著しい減退(患者の言明、または他者の観察によって示される)。
3、著しい体重減少、あるいは体重増加(例えば、1か月で体重の5%以上の変化)、または食欲の減退または増加。
4、不眠または睡眠過多。
5、精神運動性の焦燥または制止。
6、易疲労性、または気力の減退
7、無価値観、罪責感(妄想的であることもある)
8、思考力や集中力の減退、または、決断困難
9、死についての反復思考

B.症状は臨床的に著しい苦痛または、社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

C.症状は、物質(例:乱用薬物、投薬)の直接的な生理学的作用、または一般身体疾患(例:甲状腺機能低下)によるものではない。

D.症状は死別反応ではうまく説明されない。すなわち、愛するものを失った後、症状が2カ月を超えて続くか、または著名な機能不全、無価値観への病的なとらわれ、自殺念慮、精神病性の症状、精神運動制止であることが特徴づけられる。

E.躁病エピソードまたは軽躁病エピソードは存在したことはない。

A.の項目の説明

1、抑うつ気分

気分が落ち込んでいる状態であるということ。
・心が空っぽな感じ
・突然わからず泣けてくる
・漠然とした悲しみ

2、興味・喜びの著しい減退

・テレビやネット、新聞等を診たり読んだりする気になれない状態
・趣味など今まで楽しんでいたものが楽しめない
・友人との会話が億劫になっている。または避ける。
・外出しなくなる

3、著しい体重減少、あるいは体重増加

・食欲がわかない
・食事がおいしいと感じない
・逆にストレス解消のために食べ過ぎる

4、不眠または睡眠過多

・なかなか寝付けない
・夜中に何回も目が覚めてしまう
・目覚めが早くその後は眠れない
・いつまででも眠っていたい、日中も眠くてしょうがない。

5、精神運動性の焦燥または制止

・落ち着かないことが行動として出てしまう。歩き回る等
・家を出たり入ったりを繰り返す
・口数が少なくなり、会話が減少する
・行動すること自体が少なくなり、横になった状態が多くなる

6、易疲労性、または気力の減退

・疲れがひどくて、何もやる気がしない
・また、何もしていないのに疲れでいる
・今までできていたことができない(例・家事とか)
・頑張ろうという気になれない

7、無価値観、罪責感

・自分が役に立つ人間と思えない
・誰からも好かれていないと思っている
・自分が悪い人間であると思っている

8、思考力や集中力の減退、または、決断困難

・考えることができなくなっていたり、集中することができなくなっている
・人と話をしていても話に集中できない
・考えることが面倒

9、死についての反復思考

・いつも死にたいと考えてしまう
・何となく死にたいと思ってしまったりする
・自殺の計画を立てたりする


参考文献:
高橋三郎・大野裕監訳『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』
医学書院 2014/6/30