リスタ・カウンセリング・ルームはどういう心理相談機関か。

横浜で開設して29年、
子どもから大人のこころの悩みや発達上の問題解決のために心理相談を行っております。

仲良し家族


うつ病やパニック症などの不安障害、人格障害、発達障害(神経発達症)、対人関係問題、その他、子供から大人の個人の問題と夫婦・家族関係と親子関係の問題解決を目的に相談を行っています。
『心理相談方法』ページもご参照ください。


専門の心理療法とトレーニング
認知療法・認知行動療法  夫婦・家族療法   セックス・カウンセリング(性生活問題と性的問題行動<子供から大人まで>
中学生~大人のASDとADHDに特化した認知行動療法とコーチング

専門のトレーニング:ペアレント・トレーニングコグトレ(脳の認知機能強化トレーニング)前頭葉・実行機能プログラム(FEP)


子どもの発達と心の問題の相談とトレーニング

3つの視点で問題解決法を考える
子ども本人の心理的問題』-『夫婦関係と親子・家族関係』-『社会(学校・友人等の対人関係)との関係』
子どもの心の問題と悩み

抑うつ・うつ病/パニック症、社会不安障害、強迫性障害/不登校、問題行動その他
子どもの発達の問題と悩み

ASD、ADHD、境界知能、親子関係や社会(学校・友人等の対人関係)との関係/個別ペアレント・トレーニング/コグトレ(脳の認知機能強化トレーニング)



性生活、性的問題行動、性暴力の被害者性犯罪・暴力行為をやめたいと思っている方等の問題解決に取り組んでいる相談室『子供から大人までの性的問題行動(性加害者)の個別相談を行っております


公認心理師や医師、看護師、教諭、その他の有資格者を対象に認知行動療法セミナーを実施中
認知療法・認知行動療法セミナー:第2回2024年5月19日()より開始
夫婦(カップル)・家族の認知行動療法セミナー(入門)2024年4月14日()


公認心理師や医師、看護師、教諭など、専門職の認知行動療法の学びの場「横浜認知行動療法研究会」を主管


公認心理師法の下で相談業務を行っております。
 厚生労働省内の公認心理師法ページ


ご案内とお知らせ


ブログでは、お伝えしたいことなどを書かせていただいております。

最新
大人の神経発達症(発達障害・ASDとADHD):個人・夫婦(性生活も含む)の相談例

2023年度 新規相談者の問題別の割合


神経発達症(発達障害)と境界知能の相談とトレーニング


自閉スペクトラム症(ASD)
中学生~大人の自閉スペクトラム症(ASD)の認知行動療法
-認知行動療法によるセルフケア(マネジメント)の方法を学ぶ-
対  象:中学生以上の方(個人・親子・夫婦)





中学生~大人の注意欠如・多動症(ADHD)の認知行動療法とコーチング
日常生活における実行機能のセルフケア(マネジメント)の方法を学ぶ-
時間の管理/整理整頓のシステム作りと実行・維持/計画を立て実行
対  象:中学生以上の方(個人・親子・夫婦






境界知能の相談とトレーニング
対  象:日常生活や学校、会社でとてもしんどい思いをしている子供から大人


境界知能とは、一般的に知能指数(=IQ)で表した場合『70~85未満』のことをいいます。
ただし、世界的な診断基準では現在はIQ表示を放棄しています。
人口に対して約14%、約1,700万人(7人に1人・仮に小学校や中学校でクラスが35人だとしたら約5人)もの方がおられます。






コグトレ(脳の認知機能強化トレーニング)個別指導(オンラインでも行ってます)
無料の説明・相談を行っています。
対  象:
境界知能でお困りの小学4年生~高校生
ADHDの実行機能トレーニングの一つとして、小学4年生~高校生
●IQは平均だが、成績が伸びないで困っている小学4年生~高校生

今後は境界知能でお困りの5歳~小学3年生も行う予定です。




個別ペアレント・トレーニング
ADHDやASD、境界知能のお子さんのお父さん・お母さんや、ADHDやASDではないが子育ての方法の一つとして学びたいと思っているお父さん・お母さんを対象に、グループはちょっと苦手に思っていたり、毎週決まった時間に参加できない方などに『個別ペアレント・トレーニング』を行っております。メールにてご連絡をください。


カウンセラー

千田恵吾(公認心理師/心理相談歴・37年)

千田 恵吾(センダ ケイゴ)
公認心理師(第31101号)/心理相談歴:39年
日々の心理相談・カウンセリングに加え、公認心理師や医師、看護師、教諭、臨床心理士、その他専門家に対して、セミナー・研究会等で認知行動療法の指導も行っております。 


カウンセリングルーム

リスタ・カウンセリング・ルーム

うつ病やパニック障害等の不安障害、発達障害(神経発達症)、人格障害、人間関係、夫婦・家族関係、セックスレスや性の問題などの問題解決の為に、認知行動療法及び夫婦・家族療法/セックス・カウンセリングが専門の公認心理師が相談を行っております。

オンラインカウンセリング

ZOOM&スカイプを使用しています。
来室での相談が難しい国内外にお住まいの方や外出困難等の方にご利用いただいております。

どのような悩みや問題をお持ちの方が相談に来られているか。
自閉スペクトラム症(ASD)
注意欠如・多動症(ADHD)
抑うつ状態・うつ病
パニック障害
社会不安障害(社交不安障害)
適応障害
強迫性障害
人格障害
ストレスの問題・疾患
対人関係問題
夫婦・家族関係問題
性の悩み・問題


認知療法・認知行動療法の基本となる認知モデルから心の問題や対人関係の悩みを考える

認知行動療法(認知モデル)

問題解決に向けて:
認知の修正/行動の修正/身体問題の解決

認知モデル(簡単な説明)
認知モデルは、うつ病やパニック障害、発達障害、対人関係、夫婦・家族問題などの心の悩みや問題が、どのようにして起こっているかを説明するひとつのモデルです。

人は、身体の外(対社会)や内(身体の症状や更年期などの生理的変化)の状況や環境に対して、様々な捉え方をしています。
その捉え方(認知)が行動や気分、身体化(体調)のネットワークを通じて一瞬に心身に影響を及ぼします。

認知療法/認知行動療法は、窓口として働いている認知や行動を修正することで問題解決を行っていく方法です。


認知療法/認知行動療法セミナー

認知行動療法セミナー

2002年より毎年、精神科・心療内科の医師をはじめ、公認心理師、看護師、作業療法士、調査官、教諭等、症例(事例)に対して守秘義務を持つ職業に就いている方また、それに準ずる大学院生の方を対象に、認知療法/認知行動療法のセミナーやワークショップ、トレーニングを行っております。 

受講者受付中
2024年:認知療法・認知行動療法セミナー
3シリーズ認知行動療法セミナー・第2回

2024年5月19日()より開始

夫婦(カップル)・家族の認知行動療法セミナー(入門)
日 程:2024年4月14日()


実践に役立つ認知行動療法セミナー
テーマ:認知行動療法の進め方を一事例から学ぶ-うつ病の全12セッション-
日 程:2024年8月18日()

法人対象:メンタルヘルスセミナー

法人対象:メンタルヘルスセミナー

  依頼メンタルヘルス研修
   1月~4月

ビジネスパーソンズをサポート

心と身体の健康研修やセミナーとメンタルヘルスケア

企業研修・セミナー:メンタルヘルス/コミュニケーション/セルフケア
サポート:公認心理師の派遣も行っております。
メンタルヘルス・カウンセリング(対面・オンライン)/コーチング/専門心理療法/心理テスト