目次
1、
はじめに
2、
性犯罪や性暴力の加害者に対する処遇
3、
性犯罪加害者・性暴力と問題行動に対しての認知行動療法プログラム



はじめに

自分の家族や身内が『痴漢』『窃視症(のぞき)』『盗撮』『強制わいせつ』『家庭内(兄妹間など)でのわいせつ行為』その他の性犯罪や性暴力を行ったと知ったらどう思いますか。

加害者は刑罰を受けますが、全員が刑事施設や少年院に入るわけではなく、子供の場合や大人でも起訴猶予(不起訴)、罰金・科料など、犯罪は犯したがその後もそのまま社会生活を営んでいる方もたくさんおられます。


刑事施設などに入られた方は、『性犯罪再犯防止プログラム』を受けられる方もおられますが、では、入らなくて済んだ方のプログラムはというと、保護観察所での5回のプログラムがあるのみです。
なお、最近は大人の場合で『性犯罪再犯防止プログラム』を受けられていない方を対象に、5回のプロクラムを行っている自治体が少ないながらございます。

たたし、性犯罪再犯防止の視点で考えると、性依存や性の嗜好性の修正を5回では少なすぎると思っております。


加害者の方は軽く考えている(認知の歪み)かもしれませんが、例えば、『痴漢』をされるということは、被害者の心身に重大な損傷(トラウマ)をもたらす行為です。
なので、行った者は刑罰などを受けるのですが、性犯罪行為の多くには中毒性があり再犯率が高いとされ、防犯・再犯防止のために適切な再犯防止プログラムや治療に取り組む必要があります。



性犯罪行為を犯している理由は、性の嗜好性に偏りがある人や性依存の人だけではありません。
1、性の嗜好性に偏りがある人や性依存の人
2、子供の場合などでは、親子関係の問題や夫婦関係に問題がある家族など、家族関係の問題が発端となっている場合
3、学校や社会でのストレスが問題となっていて間違った発散方法を行っている人
4、自分も虐待などの被害者だった人

5、社会性に問題(未熟など)がある人
6、その他にも様々な理由がございます。


当ルームでも20年以上にわたって、子供から大人までの性加害者を対象に、再犯防止のための認知行動療法プログラムを行っております。



ブログ
性暴力や性犯罪加害者に対して、どのような認知行動療法プログラムを行っているのか
性加害者で小児性愛と思って認知行動療法を受けに来られた方々

性犯罪や性暴力の加害者に対する処遇

日本では、2006年より法務省(成人が対象)は、刑罰を与えるだけでは問題解決しないために、性犯罪の受刑者や保護観察対象者の再犯防止のための体系的な制度としての性犯罪者処遇プログラム※1(集団での認知行動療法)を実施しております。ただ、プログラムは性犯罪加害者全員が受けるわけではなく一部の加害者が受講している状況です。
※1 現在は『性犯罪再犯防止プログラム』


刑事施設におけるプログラムは、再犯リスクや性犯罪につながる問題性の内容・程度、その他のアセスメントを経て密度が決定される。密度には、高密度,中密度及び低密度があり、1 回 100 分のグループワークを、高密度は標準週2回9か月間、中密度は標準週2回7か月間、低密度は標準週1回4か月間実施している。また、グループワークのほか、個別に取り組む課題があり、必要に応じ個別指導も並行して行っている。
また、知的能力に制約がある者を対象とした「調整プログラム※1」や刑期が短いこと等により受講期間を十分確保できない者を対象とした「集中プログラム※2」を行っております。


少年院では、特定生活指導(性非行防止指導)として、認知行動療法を用いた中核プログラムとマインドフルネスやアンガーマネージメント(怒りの統制)、性教育等の各種指導を組み合わせた周辺プログラム、フォローアップ指導を行っております。

次に保護観察所では、コア・プログラム※3を2週に1回のペースで5回行っている。


ただ、問題になるのは出所や退院した後、また、起訴猶予(不起訴)、罰金・科料、執行猶予の処分、子供の性的問題行動など、日常生活に戻った後や性犯罪を犯したが日常生活は変わらないままの場合では、ある程度日常生活場面での認知行動療法プロクラムを継続する必要があります。

というのは、性の嗜好性に偏りや性依存の場合、わかりました治りましたとはならないからです。日常生活の場面でセルフコントロールができるまでカウンセリングを継続する必要がございます。
特に、刑事施設などに入らない場合は、『性犯罪再犯防止プログラム』などある程度継続して行うプログラムを受ける機会すらないので、自分から積極的に性犯罪再犯防止に特化した認知行動療法プロクラムを受けていただきたいものです。


※1 調整プログラム
知的能力に制約がある者を対象としたプログラムであり、イラスト等の視覚情報やSST等の補助科目を効果的に取り入れるなどして実施する。(全75~90回、10か月)
※2 集中プログラム
刑期が短いこと等の理由で通常の実施期間を確保できない者を対象としたプログラムであり、通常のプログラムの内容を凝縮し、短期間で実施する。(全30回、4か月)
※3 コア・プログラム
コア・プログラムプログラムは『性犯罪のプロセス』『
性加害につながる認知(認知の歪み)』『コーピング(自己管理と対人関係スキル)』『被害者の実情を理解する(被害者への共感)』『二度と性加害をしないために(再発防止計画)』の5つのセッションからなっています。


参考資料
1)刑事施設における性犯罪者処遇プログラム受講者の再犯等に関する分析 法務省矯正局成人矯正課 令和2年3月
2)保護観察所における性犯罪者処遇プログラム受講者の再犯等に関する分析結果について 法務省保護局 令和2年3月27日
3)令和5年版 再犯防止推進白書 法 務 省 令和5年12月



当ルームでは、2006年以前より性犯罪加害者や性的問題行動を起こしてしまっている方に再犯防止を目的に認知行動療法を行っております。
また、千田は日本認知療法・認知行動療法学会や研究会などでも発表もさせていただいております。


参考までにシンポジストの一人として学会発表
第14回日本認知療法学会:2014年9月12日(金)~14日(日)
自主企画シンポジウム:性犯罪者の再犯防止に対する認知行動療法~普及と課題~
演題:加害者へCBTを行うための3つの視点



対象は、精神疾患の診断分類のDSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)の『パラフィリア症群※1』に該当するような性的問題行動、『窃視症(のぞき)』、『盗撮』、『露出』、『痴漢』、『強制わいせつ』、『強姦』、『下着窃盗』、『児童ポルノ』、『小児性愛』、『家庭内(兄妹間など)でのわいせつ行為』、児童虐待、性暴力などの性的問題行動で悩んでいる方。
なお、精神疾患ではありますが、これらはすべて犯罪行為であります。


それ以外にも、社会性の問題(未成熟な社会性も含む)や偏った性格、パーソナリティー障害などの影響からの性加害行為などの問題も含んでいます。

※1 パラフィリア症群
性の嗜好性に偏りがあるために何らかの問題が生じている状態。


性犯罪加害者・性暴力と問題行動に対しての認知行動療法プログラム

当ルームでの相談対象者

●刑事施設で性犯罪再犯防止プログラムを受けられた方

●保護観察所でのプログラムを受けられた方

●刑事施設及び、保護観察所でのプログラムを受けてはいない方

●起訴猶予(不起訴)、罰金・科料、執行猶予の処分を受けた方

●少年院を退院したが、性的問題行動を繰り返すのではないかと心配をしている本人と家族

●性的問題行動が、コントロールできずに行ってしまうのではないかと考えて生活や仕事のことが不安な方

●子供の性的問題行動で児童相談所や少年サポートセンター(警察)などで相談を行った方
児童相談所と少年サポートセンターの情報を最後に掲載しています。

家族の心配
●子供に性的問題行動が「起きるのではないか」「起こしているのではないか」と心配されているお父さん、お母さん


その他、性的問題行動をやめていることに苦痛を感じている方や性犯罪を再犯するのではないかと不安な方

申込条件:よくなりたい、再犯はしたくないという思いがある方で、再犯防止のための認知行動療法プログラムを希望する方


1、対象年齢:小学校高学年(11歳程度)~大人まで
11歳以下の場合は、認知行動療法の要素を取り入れたカウンセリングを行います。
子供の場合、小学校、中学校、高校はもちろんですが、保育園や幼稚園などでも、子供同士の性暴力行為があるので注意が必要です。

2、対象の方:以下の方々を対象に相談を行っております。

知的能力がIQ70以上の方
知的能力障害(知的発達症):軽度(現在、対象にしているのはIQ60前後以上)の方
神経発達症の方及び知的能力障害の併存している方
知的能力障害(知的発達症)及び神経発達症の併存されている方には、SPLRIS※1(スピリッツ)という性犯罪者向けの認知行動療法の一つを参考に進めてまいります。

3、相談方法:対面又はオンラインでの個別相談(現在、グループセッションは行っておりません)
性犯罪加害者のプログラムを行っているところでは、グループセッションが中心の施設が多いために当ルームではあえて個別相談を行うようにしております。
グループセッションをご希望の中学生~成人の方には、性障害専門医療センター(SOMEC)をご紹介させていただいております。
子供の場合は、親子セッションを行う場合もあります。

4、相談頻度:1週間~2週間に1回


5、相談時間:50分間、希望によっては90分間


6、相談回数:20回前後(個人差あり)
20回以降は、相談の間隔を月に1回、2カ月に1回、3カ月に1回と延ばしながらセルフコントロール力をつけていただく。
高密度及び中密度の性犯罪再犯防止プログラムを受けられた方などは、10回前後までは1週~2週に1回ペースでその後は、月に1回、2カ月に1回と順に相談間隔を伸ばす場合もございます。

7、相談期間:当面は20回前後で終了する場合~3年間ぐらい
期間については状態などで変わってきます。
性犯罪加害者や性的問題行動を起こしてしまっている方は、その行為に強く依存傾向があるために相談期間が長くなります。
ワンクールのセッション回数が10回~15回位の治療機関も、3クールとか4クール繰り返し行われているのが普通です。

8、相談の流れ
初回相談:問題の把握や現状などをお伺いすることがテーマとなります。問題行動の経過などを事前にお書きいただきお持ちください。相談を行っていくかをお互いにお話の中で決定いたします。決定後2回目の相談へと進みます。

9、相談費用:初回時より50分間・8,800円/90分を希望の場合は15,840円

継続相談が必要な方には、

1カ月に2回以上の継続面接が必要な方は、相談費用のご負担の軽減としまして、ご希望により、下記の一括の方法をご利用いただけます。
初回面接の時に心理師にご相談ください。

2回目以降の相談費用を5回分一括でのお支払の場合。

50分の相談費用・38,500円(税込):一回分が、7,700円(税込)
50分の相談の場合のみ、費用を安くさせていただきました。



お得な情報:調べてみる価値があります。

ご本人やご家族(ご両親)の勤められている会社や自治体、健康保険組合、また、家族が加入している生命保険会社等が契約しているEAP会社を利用すると、本人及びその家族は3回~20回のカウンセリングが無料で受けることができます。
無料で受けられる回数は、所属先(会社や健康保険組合等)とEAP会社の契約内容によって異なります。

詳しくは、『相談費用』のページをご確認ください。
当ルームとEAP会社との提携などについて説明させていただいております。


カードでのお支払いも承っております。



お問い合わせと初回予約方法
はじめに、個人情報の取り扱いについて
個人情報につきましては、厳重に管理を行っております。 法令等に基づき正規の手続きによって司法捜査機関による開示要求が行われた場合を除き、第三者に開示もしくは提供することはございません。

【初回相談希望のメール記載項目】
お申込みアドレス:info@y-sinrisoudan.ne.jp

申込時の件名を性犯罪及び問題行動の認知行動療法プログラム希望」と書き添えてください。 
1、お名前
2、申込者(本人、父、母、等)
3、ご本人の年齢
4、簡単な来談理由(罪名や行為名など簡単に記載)
5、お住まいの都道府県(継続相談が決定後に詳しいご住所は伺いします)
6、連絡用のメールアドレス
7、現在の状況(特になし/保釈中/執行猶予中/刑務所出所後/審判待ち/試験観察中/少年院仮退院後 等)
8、少年院入院歴/刑務所入所歴 (あり(ありの場合は回数)/なし)
9、知的能力障害(知的発達症)や神経発達症の有無(ある場合の診断名やわかっていればIQ)
10、相談方法(来室又はオンライン(ZOOMを使用)のどちらかをお書きください)
11、オンライン希望の場合お支払い方法(振り込み又はカード決済のどちらかをお書きください)



ブログ
性暴力や性犯罪加害者に対して、どのような認知行動療法プログラムを行っているのか
性加害者で小児性愛と思って認知行動療法を受けに来られた方


※1 SPLRIS (Sexual Offender Preventive Intervention and Re-integrative Treatment Scheme)とは『性犯罪加害者の再犯防止と再出発のための治療スキーム』のことを言います。


子供の問題行動の公的相談窓口情報
こども家庭庁
こどもが抱えるさまざまな困難や子育て当事者の皆さんが悩みを相談できる窓口の情報を掲載されています。
児童相談所をはじめ地方自治体で設置している『相談窓口の情報』の掲載ページです。


少年サポートセンター(警察庁)
子供のことで悩みを抱えているご家族や悩んでいる子ども自身の少年相談窓口の全国情報が掲載されているページです。
サポートセンターは、少年の非行問題やいじめ、犯罪被害等に関する相談を受け、その立ち直りに向けた支援をしています。




参考文献
1、高橋三郎・大野裕監訳『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』医学書院 2014/6/30
2、SPLRITS:リカバリーのための性犯罪治療マニュアル 著者・安藤久美子、中澤佳奈子、佐藤道子 星和書店 2024/5/15
3、SPLRITSワークブック 著者・安藤久美子、中澤佳奈子、佐藤道子 星和書店 2024/5/15