子供のうつ症状が1割~2割に

国立成育医療研究センターが2021年12月に郵送とインターネットで小学5年生から中学3年生の子供とその保護者計約5,400人を対象に行った調査結果が発表されています。

子供のうつ症状

結果

中等度以上のうつ症状がみられた確率

郵送での調査の場合

小学5年生~小学6年生では9%
中学生では13%

インターネット調査の場合

小学5年生~小学6年生では13%
中学生では22%

中等度以上のうつ症状とは、お薬が必要になるレベルです。

自分にうつ症状が出ても「誰にも相談せずに自分で様子を見る」と答えた割合

小学5年生~小学6年生では25%
中学生では35%

学年が上がると抱え込む傾向がある。

自分にうつ症状が出てたら「誰かに相談する」と答えた割合

小学5年生~小学6年生では約75%
中学生では65%

保護者への調査

自分の子供にうつ症状が出た場合

病院には受診させずに様子を見ると答えた割合は29%

対応をどうすればいいか

中等度以上かどうかというのは、本人はもちろん親もわからない。
ただ、先ほどの書いているように、中等度以上ということはお薬が必要になるレベルであります。
なので子供が普段と違って、以下のような様子が見られたら一度病院やカウンセリング・ルームなどの相談室に行かれることをお勧めいたします。
症状(状態)の強さによっては、お薬ではなく、認知行動療法などで対応可能な場合も少なくありません。

子供にこのような状態が見られませんか。
・イライラしていて気持ちが不安定
・友達や家族を避けているとか引きこもる傾向がみられる
・食欲がないまたは、食べ過ぎてしまっている
・意欲が感じられない
・眠れていないあるいは起きれない
・疲れやすくなっていたり体調が悪くなってきている

頑張れなくなっている状態。
なので、やることはただ一つ「一休み一休み」、
親も一緒に「一休み一休み」。

親と一休み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。