子供から大人の性の問題行動や性加害者に対する認知行動療法を行っていて

子どもから大人までの性犯罪の加害者に対しての認知行動療法を20数年行っていますが、今回出版された『SPIRiTS』という性犯罪者向けの治療プログラム(認知行動療法)は、非常にわかりやすく書かれたプログラムだなと思いました。
学会などの研究発表で以前から知ってはいました。

早速、相談に来られた、軽度の知的障害の高校生と20代前半の方、小学校高学年、中学生の何人かに用いております。
軽度の知的能力障害(知的発達症)の方と小学校高学年の方には、認知と行動を修正するセッションの説明でかみ砕いて簡単にしたりはしています。また、グループ用に書かれていますが、私は個人セッションで使用しているので、その人その人に合わせて言葉を選べて説明できるので使い勝手は非常にいいです。

認知の歪みや行動のABCなどの修正する課題のところは、個々によって回数が違ってくるかもとは考えてはおります。


性犯罪加害者や性暴力の再犯防止のための認知行動療法とカウンセリングページへ



犯罪白書などにも出でいますが、全体的としては犯罪件数は過去と比べると減少しているが、性犯罪特に強姦は横ばい、強制わいせつ罪に至っては増加傾向にある。
何とかするために、刑事施設での『性犯罪再犯防止プログラム』や保護観察所での5回のコア・プログラムなどがあるが、社会に出た後の継続プログラムや刑事施設に行かないで済むケースの場合(起訴猶予(不起訴)、罰金・科料、執行猶予の処分、子供の性的問題行動など)など、社会参加しながら受けることができるプログラムや相談期間が少ないのが実情です。


もう一つ大きな問題は、性暴力を行ったものが相談や治療に対しての動機づけがどの程度持ち合わせているのか。依存症や嗜癖であり、誤った学習をしてしまった結果起きている問題行動なので、本人の動機づけが低いとやはりうまくいきません。

例えば、親に言われたり家族に言われてきたはいいが、本人にその気がない場合などでは、認知行動療法のプログラムがよくても続かない人も一定数いたりします。
もちろん、身内に言われたことで治したいという気持ちに変化される場合もあります。また、性教育や被害者の気持ちなどを知ったことで治さないといけないという気持ちに変化する方がいるのも事実です。



これからも一般の子供から大人、軽度の知的能力障害(知的発達症)や神経発達症の方を対象に認知行動療法プログラムを民間の専門相談機関として継続してまいります。


ブログ
性暴力や性犯罪加害者に対して、どのような認知行動療法プログラムを行っているのか
性加害者で小児性愛と思って認知行動療法を受けに来られた方々


性犯罪加害者・性的問題行動に対する認知行動療法

当ルームが行っている認知行動療法プログラム

相談対象者

●刑事施設で性犯罪再犯防止プログラムを受けられた方

●保護観察所でのプログラムを受けられた方

●刑事施設及び、保護観察所でのプログラムを受けてはいない方

●起訴猶予(不起訴)、罰金・科料、執行猶予の処分を受けた方

●少年院を退院したが、性的問題行動を繰り返すのではないかと心配をしている本人と家族

●性的問題行動が、コントロールできずに行ってしまうのではないかと考えて生活や仕事のことが不安な方

●子供の性的問題行動で児童相談所や少年サポートセンター(警察)などで相談を行った方

家族の心配
●子供に性的問題行動が「起きるのではないか」「起こしているのではないか」と心配されているお父さん、お母さん


その他、性的問題行動をやめていることに苦痛を感じている方や性犯罪を再犯するのではないかと不安な方


申込条件:よくなりたい、再犯はしたくないという思いがある方で、再犯防止のための認知行動療法プログラムを希望する方

1、対象年齢:小学校高学年(11歳程度)~大人まで
11歳以下の場合は、認知行動療法の要素を取り入れたカウンセリングを行います。
子供の場合、小学校、中学校、高校はもちろんですが、保育園や幼稚園などでも、子供同士の性暴力行為があるので注意が必要です。

2、対象の方:以下の方々を対象に相談を行っております。

知的能力がIQ70以上の方
知的能力障害(知的発達症):軽度(現在、対象にしているのはIQ60前後以上)の方
神経発達症の方及び知的能力障害の併存している方
知的能力障害(知的発達症)及び神経発達症の併存されている方には、SPLRIS※1(スピリッツ)という性犯罪者向けの認知行動療法の一つを参考に進めてまいります。

3、相談方法:対面又はオンラインでの個別相談(現在、グループセッションは行っておりません)


ご本人も家族も悩まれていることと思います、まずは相談にお越しください。
詳しくは以下のページをご覧ください。
性犯罪加害者や性暴力の再犯防止のための認知行動療法とカウンセリングページへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です