性加害者で小児性愛と思って認知行動療法を受けに来られた方々



自分が小児性愛者と思って相談に来られた3人について。

クライエントは、元教諭が二人と会社員の方。
元教諭のお一人は刑事施設で『性犯罪再犯防止プログラム』を受けられた方で、刑は終えたが社会に出てコントロールできるかが不安で認知行動療法を受けに来られた方です。
もう一人の元教諭と元会社員(研究職)の方は、罰金刑で刑が確定後、精神科の紹介で相談に来られた方です。


さて、3人とも優秀な方々で、元教諭のお二人は子供の指導をしながら自身の研究を学会などで発表したり、会社員の方も自分の専門分野について、学会などで研究発表をされていました。

お二人は結婚をしていて、一人は事件後に離婚をされましたが、もう一人の方の奥様は一緒に治していきたいとおっしゃっていたので、ご主人の認知行動療法とは別に、個別に相談を行うようにしました。ただ、その奥様は元教え子であった。なお、結婚は成人してからである。

性犯罪加害者や性暴力の再犯防止のための認知行動療法とカウンセリングページへ



まず相談に来られてお話をお伺いしていて、3人の対象が中学3年生から高校2年生の子供であった。
また、本人たちの恋愛関係における考え方が純粋というか、とても子供っぽい。子供が好きというより恋愛関係における社会性がそのレベルで止まっている。そして、子供を性欲のターゲットとして付き合い始めたというよりも、子供すぎるのは恋愛対象にならないみたいで、本人たちと同レベルの恋愛に関する思考をしている人と恋愛をしたいと思っていた。
ただし、相手も同じように恋愛感情で接しているという思い込みがあり、自分の立場が上で強迫的な付き合いが起きているとは理解できないところに問題があった。

なお、大人を性的対象にできない経験などがあったかというと3人ともがそのようなことはないと言っていた。ちなみに、会社員の方は、実際に大人の人と一度付き合ったことがあるとは言っていたが3か月程度で分かれている。なお、一人の方に奥様がいますが、その奥様も恋愛関係における社会性レベルが同じような感じであった。
それ以外の部分は、とても客観的できちんとした会話ができる常識的な方という印象で、性加害者や性的問題行動で相談に来られる多くの方と同じような感じであった。



さて、認知行動療法のプログラムは、当初は1週間から2週間に1回のペースで、個々に違いがありますが10回~25回を行い、その後月に1回、2カ月に1回、3か月に1回と間隔を空けながら日常生活の中でセルフコントロールを行っていただき、コントロールが出来るという自信を持ってもらうように行った。終了までの期間は3年から5年程度でした。

終了時には、何か問題が起きそうになったらすぐに相談に来るようにと伝え終えています。

なお、ひとりの方は、今回の件とは別ですが、うつ病で認知行動療法を受けに来られていました。


性暴力を行ったご本人、その家族の方は、まずは相談にお越しください。

詳しくは以下のページをご覧ください。
性犯罪加害者や性暴力の再犯防止のための認知行動療法とカウンセリングページへ

ブログ
性暴力や性犯罪加害者に対して、どのような認知行動療法プログラムを行っているのか

性の問題行動や性加害者に対する認知行動療法を行っていて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です